古銭買取よもやま話|古い小銭が宝になる?

古銭買取でひと山当てることができるのか?

昔から山っ気が多いタチので、家人にいつも叱られる。
きっかけは、実家の引っ越し。

 

納戸を整理していたところ、昔、祖父が集めていて遺品として譲り受けた段ボール箱一杯の古銭が出てきた。
祖父が無くなった当時は、思い出の品だからと保管していたが
さすがに17回忌をすますと、そろそろ邪魔に思えてきた。

 

もとより、家族には古銭に興味を持つものはなし。
そもそもどれくらいの価値があるものなのかも皆目わからない。

 

そこで、買い物のついでに、その中の一部を駅前の古物買取店に持ち込んでみた。
すると・・・

 

銭形平次が使っていたような穴空きの古銭が、数万円に化けた。
ホントかね。
似たようなものは、段ボール箱にまだまだある。

 

これは、もしや・・・

 

ということで、丸ごと査定に出す前に、少し調べてみることに。

 

 

古銭の価値とは

古銭や記念コインというのは希少価値の高いものほど人気で、査定価格が高値で取引されているらしい。
なぜ希少価値があるのかというと、今は作られていない硬貨などのお金であるからで、コレクターなどが高いお金を出しても手に入れたいと思っているからだそう。

 

まず、古銭の定義だが、「古銭とは過去作られていたお金のことで今は作られていないお金」を言う。
必然的に、世の中に出回っている量が非常に少ないということ点でで希少価値がある。

 

例えば、江戸時代の大判・小判は言うまでもなく、硬貨である”文”や明治時代に発行された硬貨などが挙げられる。

 

次に記念コイン。
これは何か特別な祭事があった時などに発行されるもので、元々作る量が定められており、数多く作られることがないため、非常に希少価値がある。
例えば、新しい国王が即位した時や結婚された時などによく作られるもの。

 

こうした古銭や記念コインは人気の度合いや、流通量の多さ等によって査定価格が変わる。
古銭などを購入する際には、様々なものを比較した上で、何に人気があるかを調べておくことも大切です。

古銭や記念コインの種類と相場

古銭や記念コインはコレクターからは変わらず人気のある商品なので、現在でも色々な店舗で買取や販売を行っています。

 

しかし、一般の人には古銭や記念コインの価値はなかなか判断しがたいものなので
適正な価格で売却するには、インターネットのサイト等で基礎情報を集めることからスタートするのがいいと思います。
もし保有している古銭や記念コインを売却するつもりならば、必ず複数の業者に査定してもらって、査定結果を比較することも大切です。

 

比較的人気のある商品については、古銭買取サイトの目立つ場所に掲載されているのでわかりやすいと思います。

 

古銭は作られた年代や、流通量、商品の状態等に応じて、査定額がかなり変わってきます。
記念コインについても同じことが言えますので、少しでも状態を良く保つ工夫が必要です。

 

また、コレクターから人気のあるデザインのものが中に含まれていれば、査定額が一気に跳ね上がるケースもあります。
実際に査定してもらわないとわからないことが多いので、まずは複数の業者からの査定を受けて、比較することが大事です。

家に眠っている古銭に思わぬ高値がつくかも

祖父母の家から大量の古銭が出てきたり、引き出しの奥から昔集めていた記念コインが出てきたというのは良くあることです。

 

しかし古銭や記念コインにどれだけの価値があるかや、人気があって買い取ってもらえるものなのかどうかは専門的な知識がないとほとんどわかりません。
一見汚れていて何の価値もない小銭が、実は人気の品で高値で売買されている事もあります。

 

価値を知るためには古銭の買取業者に依頼して、査定してもらうのが一番手っ取り早い方法です。

 

古銭の買取業者は大抵無料で査定をしてくれます。
店舗持ち込みは昔からある方法ですが、最近では、家に来てもらって査定してもらう事(出張査定)もできますし、宅配で送って査定してもらう事(郵送査定)もできます。
送料は負担してもらえるので、費用はかかりません。

 

査定結果に納得がいけばそのまま買い取ってもらい、その場で現金支払いをしてもらえます。
勿論、査定額が満足できなければキャンセルすればいいのです。(キャンセル料も無料のところが多いです。)

 

いくつかの買取業者に査定を依頼して比較してから買い取ってもらえば、納得がいきます。

 

記念コインは状態が良いものの方が高値がつきますが、古銭の場合は汚れていても高値がつくものがあります。
無理にきれいにしようとすると不用意に傷をつけてしまって価値を落ちてしまう場合もあるので、
査定を受ける場合には、余計な措置はとらずに、そのままの状態で見せたほうが良いです。

古銭や記念コインには偽物も出回っている

コレクターから人気の高い古銭や記念コインには、ネット上で偽物も多く出回っているので注意が必要です。

 

実際に自宅にある古銭や記念コインを査定してもらったら、偽物だとわかったケースも多いようです。
特に人気のある品は偽物も多いので、細心の注意を払って購入した方がよいでしょう。

 

人気のある古銭や記念コインを調べるには、インターネットを活用するのが最適です。

 

色々と情報を比較するのにも役立ちますし、定期的に情報が更新されるため、新しい情報をチェックする方法として活用できます。

 

また、インターネット上で査定をしている業者に買取査定を依頼することも可能なので、自宅のパソコンを効果的に活用すると良いと思います。
査定してもらう業者は、一社だけの場合、適正な値段で査定されているのか比較ができないので、
できれば複数の業者に査定を依頼して値段を比較することが重要です。

 

貴重な古銭や記念コインをできるだけ高く買い取ってもらうためには、
ある程度時間をかけて納得のいく値段で買い取ってもらえる業者が見つかるまで、根気よく探してください。

古銭と記念コインの価値の違い

古銭と記念コインは一時ほどのブーム熱は下がっているようですが、コレクターにとっては依然として人気のあるジャンルだそうです。

 

古銭と記念コインの違いは、古銭はお金としての価値がまだあるもの、記念コインにはお金の役割がないことです。
両方とも買取対象ですが、その相場には違いがあります。

 

例えば、ほんの最近まで使われていた昭和初期の古銭がその元の値段よりも数百円価値があがったのに対し、
記念コインの価値は数千円ほど高くなっています。

 

どちらも価値があがったことには変わりありませんが、昭和初期の古銭に関して言うなら
記念コインの方が生産されている枚数や希少度合いが異なるので、価格に差がついているのだとか。

 

このことを知っておくだけで、古銭買取の際に優位にふるまうことができます。

 

大抵の人は古銭の方に価値があると考えるので、お店側は故意に古銭のほうを高くして、記念コインの買取を安くすませようとしがちです。
しかし、実際は記念コインの買取相場が逆転するケースもあるので、そのような差をお店で見つけた際には気をつけるといいです。